頬骨の整形について。

骨を削ることのリスク

頬骨の整形方法 : 骨を削ることのリスク : アーチインフラクチャー法

デメリットやリスクとしては、頬の骨自体数ミリしかないため、削る場合も数ミリしか削ることができず、削りすぎてしまうと骨が欠けてしまい顔が変形してしまうケースもあります。
また、顔全体のバランスが崩れてしまうこともあり、手術を検討する際には頬だけではなく顔全体の印象まで考えてしっかり医師とカウンセリングすることが重要となります。
ダウンタイムは1日の入院と、3~4日程度の顔の腫れが出てしまいます。
術後1週間後ほどに抜糸が行われます。
抜糸後の腫れはむくんでいる程度になり、3~4週間でほとんど腫れはなくなります。
ただし体質や医師の技量などによってダウンタイムの期間は異なってきます。
骨を削ることによって、今まで頬にあった肉が落ちてしまいたるみが出てきてしまうことなどもあるため、そこらへんのリスクも考えてから施術を行います。

頬骨 整形韓国 ID美容外科