頬骨の整形について。

頬骨の整形方法

頬骨の整形方法 : 骨を削ることのリスク : アーチインフラクチャー法

日本人の特徴の一つとしてあげられるのが頬骨で、高かったり横に出ているという特徴があります。
高かったり横に出ていると顔が大きく見えてしまい、この出っ張りを解消することによって小顔に見えたり、若々しい印象になるため整形を行う人もいます。
頬骨の整形はいくつかあるのが特徴で、削るだけのものから、骨折させてから内方移動させるもの、骨をバラバラにしてから再構成させたり、前面の弓部といわれる部分を削る、アーチインフラクチャー法、弓部を分解して再構成する方法が挙げられます。
頬骨は側面部分にある弓部、正面部分の体部に分けることができ、どちらが張り出しているかによって手術方法を変えることができます。
その状態に合わせて手術方法を変えることのできる医師選びが大切となってきます。
頬骨削りは、一般的に傷跡が目立たない口の中や耳の横の生え際などを切開して顔全体のバランスを考えながら、余分な骨を医療用のノミを使って削っていく方法です。
頬の骨を削ることによって顔が小さく鼻が高く見えるようになります。
骨自体を削ってしまうことから半永久的な効果を期待することができます。